Anzy

作品掲載について

会員の皆様、仕上がった作品の写真を撮影して、ぜひ、ばれっと陶芸倶楽部へ掲載をお願いします。
送付先のメールアドレスを近々お知らせ致します。

題名やコメントがある場合は、メール本文に、掲載する写真を添付して送信してください。

掲載のサンプルはこちらをご覧ください。

 

自分のカタチを探る -線を活かしたカップ作り-

ばれっと陶芸倶楽部会員の兵庫陶芸美術館ワークショップ参加レポートです。
参加したのは、7月1日(日)に開催された「自分のカタチを探る -線を活かしたカップ作り-」です。
現在、兵庫陶芸美術館で行われている「学芸員のまなざし Curators×Collection(6/9~8/26) 」にあわせた企画で、作家の技法や感性を体験するというものです。
講師は、2009年の神戸ビエンナーレ現代陶芸展で対象を受賞された武村氏です。

タイムスケジュールは最初に展覧会を観覧。兵庫陶芸美術館の学芸員8人がそれぞれのテーマで作品を選定。丹波焼といった兵庫県の伝統的なやきものから富本憲吉、松井康成などの国内の作家、ルーシー・リー、ハンス・コパーをはじめとした海外の作家、さらに現代陶芸まで、さまざまな作品を一度に観ることができる、とてもおもしろい企画だと感じました。
もちろん今回の講師である武村氏も出品作家のおひとりで、直接、作品の解説をいただける時間もありました。展示作品はとても繊細な作品。現在制作されている作品もとてもおもしろい作品です。

そしてスライドレクチャーを経て、いよいよ制作です。

まずは、先生がおおまかな制作の手順を説明。
最初に手びねりで普通にカップを作成し、そこに思い思いにひも状の粘土を巻き付けながら、カップの表面に線の表情を付けていきます。

早速、私も挑戦!

P1040930-20120701-005P1040931-20120701-006

いつもは動物ばかりつくっているので、手びねりのカップをつくるのは数えるほど……。
それでも何とか形になりました。
完成、引取は8月11日です。仕上がりが楽しみです。

展覧会も8月26日(日)まで開催されていますので、ぜひ、足を運んでみてください。


8月11日に作品の引き取りに行ってきました。なかなかの仕上がりですよ。

どうでしょうか。

7月の教室

7月の教室の日程は、以下の通りです。
●水曜日クラス
4日、18日

●土曜日クラス
7日、21日

今月より第二木曜日午後1時より木曜日クラスを追加します。
12日

6月の教室

6月の教室開催日は以下の通りです。

●土曜日クラス
6月2日、 16日

●水曜日クラス
6月6日、20日

教室展レポート(会員作品編)

教室展に出品された会員の作品です。うつわやオブジェ、動物までバラエティ豊かな作品が並びました。

教室展レポート(講師作品編)

2012年5月12日・13日に行われた、ばれっと陶芸倶楽部教室展の結果報告です。

講師作品

教室展終了しました

5月12日・13日に行われた教室展無事に終了いたしました。
2日間ともに、とても盛況でした。
13日の邦楽演奏会とのコラボレーションも大成功!
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

また、会場の様子は、後日当ホームページに掲載いたします。

教室展出品講師作品を追加

講師作品ギャラリーはこちら

教室展出品講師作品を追加

講師作品ギャラリーはこちら

ミニ窯イベント

4月30日にミニ窯イベントを行いました。
天気が心配でしたので、早めのスタート。ミニ窯は、信楽のワークショップで作成したものです。

電気窯で焼成したものとは、ひと味違う作品が仕上がりました。
この作品は、5月12日・13日の教室展にも展示します。

教室開催日カレンダー

2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 教室開催日

教室日は、原則第一・第三ですが変更となる可能性があります。
その場合は、ご連絡致します。

見学は、教室開催日の13:00~16:00の間で随時。体験コースもあります。
ご希望の方はお問い合わせフォームからお願いします。

メタ情報

ばれっと陶芸倶楽部について

ばれっと陶芸倶楽部は西宮市名塩南台で活動する陶芸教室です。
会員の皆さんは毎回、和気あいあいとした雰囲気で作陶活動をしています。
陶芸経験者はもちろん、陶器の興味のある方、陶芸初心者の方も基礎から丁寧に指導致します。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

ばれっと陶芸倶楽部ウェブサイトでは、主宰者の作品をはじめ会員の皆様の作品も紹介していきます。